手元に現金がないのに急にお金が必要なピンチを乗り越える方法

手元に現金がないのに急にお金が必要になったら、まず深呼吸。
平常心を保って冷静にどうするかを考えます。
今後の事を考えてどう行動するか決めないと、気付いたら取り返しのつかないことに発展している危険性があるからです。
誰にお金を借りるかは、お金が必要になった理由や額や状況によると思いますが・・・

【必要な額が少額だった場合】
頻繁に会う友人→すぐ返せるので借ります
家族→すぐ返せるので借ります

【必要な額が多額だった場合】
パッと頭に浮かぶのは家族です。
家族以外には借りたくないですね。
額によっては分割でしか返せないかもしれないですし。
家族なら、私が一時的な衝動で無駄な買い物をしたり、詐欺に騙されてるかもしれない可能性を含めて、きちんと導いてくれそうな信頼があるからです。
「金の切れ目が縁の切れ目」ともいいますし、友人には迷惑をかけたくないので借りたくないですね。

それでもどうしてもお金が足りなければ、消費者金融を利用してしまうと思います。

今すぐにお金が必要※即日融資が可能なキャッシング・カードローン情報

消費者金融も適当に計画性を持たずに利用するから借金地獄とかになるわけで、きちんと計画性を持って借り入れをすれば借金地獄になることはないと思っています。

 

貯金ができない。

私は、子供を出産する前までは、フルタイムで仕事をしていましたので、
旦那のお給料で、日々の生活費を払い、私の給料は全額貯金に回す事が出来ていましたので、出産するまでの一年間程は、特に何をするわけでもなく、自然にお金が貯まっていました。

しかし、出産して私が仕事を辞めた途端、貯金が出来なくなりました。
また、出産前後は子供用品を買いそろえたりするのにも、出費が重なり、結果貯めていた貯金を崩す事が多々ありました。それが落ち着いてからも、子供のオムツ代、食費も、今までの夫婦二人では必要ではなかった物がどんどん増えて行く事によって、旦那の給料でも、赤字な時もあります。

今年の年明けに車検があって、15万円ほどかかり、一括で支払うのは厳しかったので車検代をローンで支払いました。参照:http://www.syakenndailoan.com/

その返済も今月で終わりなのですが、それも毎月しんどかったです・・・

また、子供がおおきくなり、また子供が増えて行くにつれ、マイホームを持ちたいと思うようになったり、車を買い替えなければらならなくなったり、大きな買い物をしなければらならない時もくるので、そのためにも、貯金をしないといけないのですが、貯金の種類だけでも、マイホーム資金、マイカー資金、教育資金、老後資金などたくさんの貯金をしながら、生活をしていくのは、旦那だけのお給料では、全ての貯金を今の段階ではできません。

また、これから親の介護も、のしかかってくるので、それの為の費用もいくらかかるか、全く分からないのがとても怖いので、それはそれで、お金を残しておかなければなりません。

旦那の給料も、定年まで、どれくらいお給料があがって行くかはまだ、わかりませんが、子供の子育てが落ち着いた頃には、私もパートにでて、家計の足しになれば、少しは余裕が出てくると思います。

それまでの、今現在、働きにいけない今も、もっと見直せるところは見直して、節約に努めて行こうとおもいます。

 

老後の蓄えか自分の楽しみか葛藤する毎日

子供が大学を卒業するまでは、夫の収入だけでは苦しいこともあってパートをしていた私が晴れて今専業主婦になりました。

これだけがなければもっと楽な生活ができていたのにっていうことがあります。それは夫が学生の時に作った借金です。その借金の額も私からすれば相当な額で、一度借金相談もしたこともありましたから・・・こういったところに→借金相談する弁護士の正しい探し方

その借金の支払いがやっとのことで終わりました”(-“”-)”
あこがれの専業主婦になってみて、自由の多いことや職場でのストレスなどから解放されたことは本当にうれしいものです。
ただ、家計のやりくりについては悩みは相変わらずあります。

今まで自分のお小遣いというものは特に設けていなかったし、友達との付き合いなどもその都度家計から支出していました。
欲しいものがあっても、つい子供優先でしたし生活のために我慢してしまうことも少なくありませんでした。
ようやく学費地獄から解放されたことで、少しは自分のために使えるお金は増えたことになります。
子供たちも自分のために欲しいものを買えばいいとか、旅行でもすればいいとか色々優しい言葉をかけてくれます。
ところが、いざ何かしようと思った時には将来の事が頭をよぎるのです。

年金が目減りし、退職金もそんなにあてにはできないのが現状です。
ここ数年夫も健康を損ねることも増えてきて、医療費についても不安があります。
子育てしている時は貯蓄する余裕はありませんでしたし、家のローンもまだ残っている状態です。
少し自由になるお金ができたと言って、喜んで自分のために使っていいのかと思ってしまいます。

もともと貧乏性なところもあるので、夫がまだ現役だからとか今の私たち世代ならまだ年金もあてにできるぎりぎりの範囲だとか人に言われても、やはり心配です。
ようやく好きなことができるという嬉しさで、自分のために少しは贅沢してもいいじゃない、という気持ちといつも葛藤が起こります。

今の所はさぐりさぐりの家計のやりくりです。
夫は家計のことにはノータッチなので、文句を言われることはありません。
つまり自分の判断でこれくらいなら使っても大丈夫と思う範囲での出費です。
同じようなサラリーマン家庭の主婦はみなさんどんなふうに割り切ったりされているのか、とても気になるところです。

 

大手の金融会社がお勧め。

キャッシング利用する時に、どこの金融会社を利用すればいいの迷っている方いますよね。

やはりお金を借りる事なので、どうしても慎重になってしまうと思います。

私がお勧めするのは、やはり大手の金融会社ですね。安心感もありますし、後々トラブルになるような事もまずないと思うので。

なので、キャッシング利用の際は、出来るだけ大手の金融会社を利用するようにしましょう。